ベッド 運送 家賃

引越しでのダブル家賃の回避方法

引越し 家賃

 

日本では引越し日を月末に設定する人が多いです。
それは家賃が2ヶ所分発生しないようにしたいがためです。

 

確かに同じ月に旧居と新居の2ヶ所の家賃が重なるのはキツイですよね。

 

まずは引越しをすることが決まったなら、まず大家さんや管理会社に電話をして退去の意向を示しましょう。
契約時に退去の際は何ヶ月前に伝えることと決められていると思います。

 

物件のオーナーは次の入居者を募集する手配をしなければならないため、時間的な余裕は欲しいのです。
退去の連絡はなるべく早めに入れてあげてくださいね。

 

そして新居探しですが、家賃が被らないように建設中の新築を探すという方法もあります。
ただしこれは、引越し日までに新居が完成しなければならず、かなり厳しい条件でもあります。

 

次に1ヶ月フリーレントという「最初の1ヶ月は家賃がタダ」という物件を狙う方法です。
最近は初月無料の物件も増えつつあります。しかしこれも自分の住みたいエリアに必ずあるとは限りません。

 

一番出来る可能性があるのは、新居の物件を管理している不動産会社に相談をして、初月の家賃を日割りにしてもらう交渉をする方法です。
物件のオーナーさんも長く空き物件にするのは嫌なので、交渉に応じてくれることもあります。